読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぃ太とひょろりと猫の影法師

4月23日は土曜でしたが、水曜の授業があり学校。その後はバイトを代わって結局夜2時まで働いてました。

どうも忙しくて自分の時間がなかなか取れない状況が続いてます。

昼まで寝て、午後から思い付きで出かけました。

f:id:Michiya1351:20160424161008j:plain東急世田谷線山下駅豪徳寺ですね。

4月からアニメが始まった「うさかめ」で、通学の電車として世田谷線が、学校の最寄り駅として山下駅が登場しています。

今回はその舞台探訪として散策してきました。

f:id:Michiya1351:20160424161223j:plain敢えて豪徳寺で降りることは今までなかったので、こうして世田谷線の駅の傍から眺めるだけでもいい感じの風景なんだなぁと気付かされました。

アニメ第3幕(コミックスでは第4幕)「後輩と ひょろりと猫の 影法師」では、テニス部4人が豪徳寺にお参りしています。ということでお寺へ向かいましょう。

f:id:Michiya1351:20160424173803j:plain駅から商店街を歩くとお休み処が。都内のベッドタウンのようなイメージしかありませんでしたが、思っていたよりお寺へ行く人のことも考えてあるんだなぁと。実際観光客が使っているのかどうかわかりませんが…。

f:id:Michiya1351:20160424161608j:plain

貼られているポスターを見るとさっそくうさかめポスターが!

1話出ているだけだし特にうさかめに関した物はないだろうと思っていただけに意表を突かれました。

f:id:Michiya1351:20160424162748j:plain

凱旋門…ではないです。お寺の周りをぐるっと歩いて無駄に遠回りしてしまいましたが豪徳寺に着きました。

世田谷線では宮の坂の方が近いんですね。f:id:Michiya1351:20160424163157j:plain

バベルの塔…ではなく、お釈迦様の骨が納められているそうです。

f:id:Michiya1351:20160424165737j:plain

近くにいたおじいさんに教えてもらいましたが、よく見ると猫がいます。もちろん本物ではないです。が、遠目に見ると本物かと思っちゃいますね。

f:id:Michiya1351:20160424163541j:plain招福殿の横の招き猫です。たくさんいます。前位の猫の足元は少し土で汚れてはいましたが、それ以外は結構きれいでした。そんなに汚れないものなんですね。

豪徳寺は11月下旬から紅葉がきれいだそうで、また観に来ようと思います。

f:id:Michiya1351:20160424170424j:plain宮の坂駅が近いので寄り道。

江ノ電の600形が保存されています。とは言っても元は東急80形なので緑一色に塗られてここに保存されています。

f:id:Michiya1351:20160424170705j:plain車内は江ノ電時代と同じかと思います。交換されたドアなんかはいかにも江ノ電らしいですが、他の江ノ電の車両とは違って運転台が左に寄っているところは譲渡車だなという感じですね。乗務員扉どころか窓も無いので、ドアを閉めたら前方確認なんてまともにできなかったんじゃないかと。

f:id:Michiya1351:20160424171240j:plain

豪徳寺駅方面へ戻ります。こういう600Vの電車が走る風景を模型で作りたいなぁと思わされます。や…f:id:Michiya1351:20160424171500j:plain…やきいも。

うさかめで豪徳寺の招き猫を見た後に来たお店です。

f:id:Michiya1351:20160424171813j:plain

安納芋のMサイズ 350円です。甘くておいしかったです。Mサイズはそれなりに大きかったです。

お店の中にもうさかめポスターがありました。店主の方に、うさかめで知ったと伝えたら一気に笑顔になられていました。

アニメの担当の人からこの店が出ることは伝えられていたらしく、アニメ効果で商店街が盛り上がるといいということでポスターを貼ったそうで、お休み処のポスターも店主の方が貼ってきたそうです。

この時点ではまだアニメ放映はされていないので、うさかめで知って来たという人はまだいなかったそうです。放映後に訪れる人が増えると良いですね。

f:id:Michiya1351:20160424174024j:plain

最後に豪徳寺駅の招き猫。目が据わってます。二・三人殺してる目(罰当たり)

作中では最初と最後に猫が出てくるんですが、残念ながら飼い犬ばかりで猫には会いませんでした。あと関口さんにも会いませんでした。

今回はこれまで。